デコルテニキビ 原因

デコルテニキビの原因

顔以外にニキビが出来る場所としては、デコルテ、胸元、背中がありますね。
いずれも顔に次いで皮脂腺の多い箇所です。
特にデコルテは胸元や背中と比べて露出することが多く、外気や襟元の布地などの刺激にさらされやすいパーツです。

 

ニキビは過剰な皮脂が原因と言われることが多いのですが、デコルテニキビの場合は多少事情が異なります。
顔以外のニキビは思春期が終わった後に出来ることがほとんどで、いわゆる大人ニキビの代表格ですね。
このようなニキビの原因の大半は、日頃の不摂生やホルモンバランスの乱れと言われています。
生活リズムが不規則になるなどして新陳代謝に支障が出ると、体のニキビも出来やすくなります。

 

また、デコルテにはラメやグリッターの入ったボディローションを塗ることがありますね。
それらのメイク剤がニキビの原因となることもあるのです。
入浴時の洗い流しが不十分で肌に残ってしまったり、逆にこすり落とそうとして肌に刺激を与えすぎてしまったりするからです。
利用する製品の説明書きをよく読んで、必要であれば専用のメイク落としを使用しましょう。
夏場、大量の汗と混じりあうことで刺激になることもありますので、一日の終わりに赤みが出ていたりするようなら使用を控えましょう。

 

これら直接的な刺激に加え、紫外線もデコルテニキビの原因になります。
既に出来ているニキビも悪化させますので、紫外線対策は十分に行いましょう。

 

紫外線対策に使う日焼け止めも、十分に落とさないとニキビの原因になりますので注意してください。
強力な日焼け止めの場合、別途クレンジング剤が必要なこともあります。
毛穴をふさぎにくいニキビ肌用の日焼け止めもありますので、そちらを利用しても良いでしょう。

 

そして肌の水分不足も、大きな原因の一つです。
デコルテニキビだけでなく、ほとんどの大人ニキビは乾燥肌が原因となって出来ることを覚えておきましょう。
顔とは皮脂バランスが異なりますので、ボディ用の製品を使って十分な保湿ケアをすることが必要です。

 

保湿が大切

デコルテニキビや背中ニキビができると、清潔さが足りないという思いで、必死に体を洗われる方がいますが、これらはニキビを悪化させる原因になります。体を乾燥から保護してくれている表皮の部分をはぎ取ってしまい、ニキビが発生しやすい環境を逆に作ってしまうのです。大人ニキビの代表格でもある、胸元ニキビなどは保湿をしっかりすることで、早期の段階で治ることがあります。まずは、保湿に優れたジェルなどで、しっかりケアしてみてください。あとはストレスやホルモンバランスの崩れなど、体質改善によるところも大きいので、食生活や睡眠不足などがないように気を付けるようにするだけで、ニキビが治っていくことも確認できます。生活習慣と保湿ケアをメインにデコルテニキビ、背中ニキビ、胸元ニキビ、二の腕ニキビなどには気を付けるようにしましょう。